アーカイブ: 12月 2014

小さな街で…

早いもので、クリスマスも終わり、新しい年に向けて心の準備が始まっている感じでしょうか…。

街のクリスマスツリーは、すっかり姿を消しましたが(日本ではごくごく当たり前のことですが)、ドイツでは1月7日までツリーが飾られます。

街では、早い時期から飾られてはいますが、家庭ではクリスマスの前日に本物のモミの木を飾るのが伝統です。夜、子どもたちが寝静まってからツリーを飾り、プレゼントを木の下に並べます。

クリスマスマルクトに出かけた小さな街で、面白い教会を目にしました。

CIMG6739

とんがり屋根が、微妙に傾いている教会です。

ここは、城壁に囲まれたゾーストという街で、その城壁の上を歩いているうちに見つけました。

CIMG6767

ドイツの伝統的なグリューンコール(冬野菜ケールの煮込み料理)も食べました。

太陽の出ない冬を、栄養豊富な温かな野菜料理を食べて乗り切ります。

 

日本もとても寒い日が続いています。風邪などひかないように、元気によい年末年始を迎えられるといいですね。

 カテゴリ:季節

1月の診療日変更のお知らせ

1月9日(金)は、院長が研修会出席のため、休診とさせていただきます。

なお、1月8日(木)を、診療日とさせていただきます。

 

ドイチェ歯科・矯正歯科

 カテゴリ:お知らせ

もうすぐクリスマス

日本でも寒さが厳しさを増してきましたね。

ドイツは、日本より緯度の高い国ですから、寒さが厳しいのはもちろんですが、「もうすぐクリスマス…」と待遠しく思って一日一日を過ごすと、寒い時期も乗り越えられるようです。それが、アドベントの期間です。「アドベント」とは、キリスト到来という意味があるそうで、11月30日に一番近い日曜日からの4週間のことをいうそうです。

以前に紹介しました「クリスマスマルクト」や「シュトレン」を楽しむのもそうですが、4本のろうそくを立てた「アドベントクランツ」(アドベントの期間、日曜日がくるごとに1本ずつ火を灯す)や…

CIMG3674

…「アドベントカレンダー」(1から24までの日付が入ったカレンダーでそれぞれの日付のところに入っているチョコレートなどのお菓子を食べる)などもよく見かけました。

CIMG4503

早速、今年もアドベントカレンダーを飾りました。

ポケットには、チョコレートが入っています。

 

 

 

 

 カテゴリ:季節

12月31日(水)~1月4日(日)は、休診させていただきます。

12月31日(水)~1月4日(日)まで、年末年始の休診とさせていただきます。

ご了承いただきますようお願い申し上げます。

なお、年内は30日まで、また、年明けは5日より通常診療とさせていただきます。

 

ドイチェ歯科・矯正歯科

 カテゴリ:お知らせ

ドイツのクリスマスケーキ

CIMG6581

日本では「イチゴケーキ」、フランスでは「ブッシュ・ド・ノエル」など、国によってクリスマスケーキのイメージがありますが、ドイツのクリスマスケーキといえば、「シュトレン(Stollen)」でしょう。

最近では、日本でもよく見かけるようになってきました。

「シュトレン(Stollen)」は、ナッツやドライフルーツを練りこんだ生地を焼き、仕上げに砂糖を厚くまぶしたケーキです。ドイツでは、クリスマス当日に食べるのではなく、クリスマスを待つ期間(アドベント)に薄く切って少しずつ食べます。

以前紹介したクリスマスマルクトもクリスマスの前日までで、当日にはまるで夢を見ていたかのようになくなってしまいますから、ドイツでは、クリスマスはもちろん、それを待つ約1カ月のアドベントの期間もとても大切にされているようです。

 

 

 

 

 

 カテゴリ:行事