カテゴリ: ドイツ留学

ドイツ歯学博士号の証書

 

先月、ドイツのハノーファーで開催された、ドイツ矯正歯科学会の年次学術大会に参加してきました。

その際に、3年半の研修および研究を行ったデュッセルドルフ大学矯正歯科に立ち寄りました。

昨年の夏に、デュッセルドルフ大学においてドイツ歯学博士号の口頭試験を受けて合格していましたが、今回、ドイツ歯学博士号の証書を受け取ることができました。

ドイツ留学当初の2010年から研究を開始して、論文をまとめ、論文試験および口頭試験を経てやっとたどり着きました。40代半ばとなって、ドイツでとても名誉ある学位をいただき感無量です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドイツの恩師であり、ドイツ歯学博士号の指導教官である、デュッセルドルフ大学矯正歯科のDieter Drescher教授とともに記念の写真を撮りました。

 カテゴリ:ドイツ留学

デュッセルドルフ大学歯科病院

 

先日のドイツ滞在中に、3年半の間研修を行ったデュッセルドルフ大学歯科病院を久しぶりに訪れました。

 

CIMG5026

 

CIMG5029

 

デュッセルドルフ大学の広大な敷地内の一角に、歯科病院本館、顎顔面外科棟、矯正歯科棟に分かれて存在します。

 

CIMG3204

 

デュッセルドルフ大学歯科病院は、1907年に設立されたWestdeutschen Kieferklinik を起源とします。

直訳すると“西ドイツ顎病院”となります。

1965年に、デュッセルドルフ大学の組織に編入され、デュッセルドルフ大学歯科病院および歯学部として今日に至ります。

歴史を感じさせるヨーロッパ風の建物ですが、中はとても近代的なつくりになっています。

 

 カテゴリ:ドイツ留学

デュッセルドルフ大学の学部

デュッセルドルフ大学には5つの学部があります。

法学部

数学-自然科学部

医学部

哲学部

経済学部

 

CIMG3248

CIMG3247

CIMG3258

 

さらに50もの様々な専門の科にわかれています。

日本でいう歯学部は、医学部の中に属していて組織上は医学部歯学科となっています。

 

 カテゴリ:ドイツ留学

デュッセルドルフ大学の国際化

近年、国際化を重視するデュッセルドルフ大学の研究活動は、世界各国から高い評価を受けています。

発明、特許、技術移転を推進する伝統を築きあげ、大学の研究を基に優秀なスピンオフ企業が生まれています。

ヨーロッパをはじめ、アジア、中東など世界各国からそれぞれの志をもった多くの学生や研究者、専門家が留学しています。

CIMG3245 CIMG3251

現代日本研究科という学科があり、学生500人あまりが在籍しています。

国際協力も活発に行われ、日本では慶応大学、青山学院大学、同志社大学と提携を結んでいるようです。

 カテゴリ:ドイツ留学

デュッセルドルフ大学

Universitaet

私が3年半留学したデュッセルドルフ大学についてご紹介いたします。

デュッセルドルフ生まれの19世紀の有名な詩人、ハインリッヒ・ハイネ(1797-1856年)にちなんでハインリッヒ・ハイネ大学ともいいます。

ドイツでは、人名をつけた大学が多くあります。

1965年にドイツの中でも比較的新しく設立された大学です。

5つの学部と50の学科により構成され、学生数は約1万7000人程もいます。

CIMG3266

 カテゴリ:ドイツ留学

Abenteuer

2010年秋、矯正歯科専門医になるためにドイツに旅立ちました。

12

専門医資格を得るためにドイツに留学された歯科医師はいませんでしたので、0からのスタートです。

 

教授との手紙やメールでのやり取り、ドイツ語能力試験、臨床留学に関連する機関の書類作成、滞在許可取得など留学準備にも多くのエネルギーと時間を費やしました。

 

“Abenteuer”―当時はまさに“冒険”でした。

 

3年半の間、想像以上に大変だったことは確かですが、振り返ってみるとそれ以上に多くのことを得ることができました。

ドイツ留学の半ば過ぎる頃には、“冒険”が“素晴らしい経験”になっていきました。

 カテゴリ:ドイツ留学