カテゴリ: 季節

HAPPY NEW YEAR 2018

謹んで初春のご挨拶を申し上げます。

本年もスタッフ一同、皆様の健康増進のために尽力をしてまいりますので、ご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

 カテゴリ:季節

イースター

イースターとは、『復活祭』といって、キリストが復活したことを祝うキリスト教のお祭りです。日本でも、最近知られてきましたが、ヨーロッパではクリスマスと同じくらい楽しみにされているようです。ドイツでも、イースターの時期は『復活』をイメージした『卵』をカラフルに色付けしたり、子沢山の『うさぎ』の置物が飾られたりします。

当院でも、ドイツの小さなかわいい置物を受付に飾っています。

 

 カテゴリ:季節

Spargel(シュパーゲル)

日本では、春の訪れを告げる食べ物として、蕗の薹(ふきのとう)や筍(たけのこ)などがありますが、ドイツではやはり「Spargel(シュパーゲル)」でしょう。

CIMG0022

「Spargel(シュパーゲル)」とは、白アスパラのことです。

日本では、アスパラガスといえば、緑のグリーンアスパラを思い浮かべますが、ドイツでは、春になると食べられるこの「Spargel(シュパーゲル)」が、大人気です。

街中には一斉に「Spargel(シュパーゲル)」を売るお店(屋台?)が立ち並びます。

週末にいつも野菜を買っているマルクトで「Spargel(シュパーゲル)」を購入し、家でも度々いろいろな料理を楽しみました。

CIMG0027

バターとチーズをかけて、オーブンで焼いてみました。おいしい!!

 

 

 

 

 

 

 カテゴリ:季節

雪だるまの形は―

雪が降りました。

CIMG6627

とても寒い中でしたが、雪景色に誘われて散歩に出てみることにしました。

道に停車している車の上にも雪が積もっています。

CIMG6638

歩道は、市の専用車が雪かきをしてまわります。

また、自分の家の前は、自分できちんと除雪をしなければならないそうです。

家の前で誰かが滑ってケガをしたら、雪をそのままにしていたその家の人の責任になるのだとか。

マンションの前に雪だるまを発見!!

CIMG6637

日本では、雪玉を2つ重ねて作りますが、ドイツ(ヨーロッパ)では3つ重ねて作ります。

そういえばオラフも3段でしたね。

 

 

 

 カテゴリ:季節

新しい年

CIMG2185

いつも新しい年を迎えると、気持ちも新たに、いいことが起こりそうな気がします。

冬のドイツはとても寒く、どんよりとして暗いので、気が滅入ることもあるのですが…遅くではあるのですが、昇る朝日はとても綺麗です。

そんな一瞬の光景に癒され、これだけで十分「いいこと」に出合ったように感じます。

 

 カテゴリ:季節

小さな街で…

早いもので、クリスマスも終わり、新しい年に向けて心の準備が始まっている感じでしょうか…。

街のクリスマスツリーは、すっかり姿を消しましたが(日本ではごくごく当たり前のことですが)、ドイツでは1月7日までツリーが飾られます。

街では、早い時期から飾られてはいますが、家庭ではクリスマスの前日に本物のモミの木を飾るのが伝統です。夜、子どもたちが寝静まってからツリーを飾り、プレゼントを木の下に並べます。

クリスマスマルクトに出かけた小さな街で、面白い教会を目にしました。

CIMG6739

とんがり屋根が、微妙に傾いている教会です。

ここは、城壁に囲まれたゾーストという街で、その城壁の上を歩いているうちに見つけました。

CIMG6767

ドイツの伝統的なグリューンコール(冬野菜ケールの煮込み料理)も食べました。

太陽の出ない冬を、栄養豊富な温かな野菜料理を食べて乗り切ります。

 

日本もとても寒い日が続いています。風邪などひかないように、元気によい年末年始を迎えられるといいですね。

 カテゴリ:季節

もうすぐクリスマス

日本でも寒さが厳しさを増してきましたね。

ドイツは、日本より緯度の高い国ですから、寒さが厳しいのはもちろんですが、「もうすぐクリスマス…」と待遠しく思って一日一日を過ごすと、寒い時期も乗り越えられるようです。それが、アドベントの期間です。「アドベント」とは、キリスト到来という意味があるそうで、11月30日に一番近い日曜日からの4週間のことをいうそうです。

以前に紹介しました「クリスマスマルクト」や「シュトレン」を楽しむのもそうですが、4本のろうそくを立てた「アドベントクランツ」(アドベントの期間、日曜日がくるごとに1本ずつ火を灯す)や…

CIMG3674

…「アドベントカレンダー」(1から24までの日付が入ったカレンダーでそれぞれの日付のところに入っているチョコレートなどのお菓子を食べる)などもよく見かけました。

CIMG4503

早速、今年もアドベントカレンダーを飾りました。

ポケットには、チョコレートが入っています。

 

 

 

 

 カテゴリ:季節

クリスマスマルクト

12月24日のクリスマスまでの楽しみが、11月の終わりから始まるクリスマスマルクト(Weihnachtsmarkt)です。地元の人はもちろん多くの観光客が訪れます。

私たちも、ミュンスタ―のクリスマスマルクトに出かけました。

CIMG6703

大きなクリスマスツリーを中心にたくさんのお店が出ます。

CIMG6675

かわいらしい小物が売られているお店…

CIMG6673

お菓子屋さんも魅力的。(でもこれは食べるというより飾るものらしい。)

CIMG6685

ミュンスタ―のクリスマスマルクトは、いくつかのパートに分かれています。こんなクリスマスツリーのあるマルクトもありました。

各地では、それぞれのクリスマスマルクトが楽しめます。次回は、どこに出かけようかな?

 

 

 

 

 カテゴリ:季節, 行事

Frohe Weihnachten!

CIMG6564

寒さが一段と厳しくなってくるのは辛いのですが、クリスマスが近づいてくると思うと辛さより楽しみが優ってきます。ドイツの人たちにとってクリスマスは、家族で過ごす最も大切な行事の1つなのだそうです。「Frohe Weihnachten!」とは「クリスマスおめでとう!」という挨拶です。

そして、11月の後半には、Weinachtsmarkt(クリスマスマルクト)が始まります。クリスマスマルクトには、寒い中、地元の人たちはもちろん多くの観光客もやってきて、とても賑やかです。

そんな光景を思い出しながら、ささやかではありますが、先日病院内にもクリスマスツリーを飾ってみました。

CIMG4489

 

 

 カテゴリ:季節

秋の色

CIMG3473

早いものでもう10月ですね。

ドイツから日本に帰ってきて半年がたちました。

この写真は、ちょうど1年前の風景です。

覚えていますか? 最初に載せた写真と同じ場所です。

半年前は、あんなに青々していた光景が、すっかり秋の色です。

ドイツの短い夏は、あっという間に過ぎ去っていきます。

街には大きな木々が多いので、辺りには落ち葉の絨毯が広がります。

 カテゴリ:季節