一般歯科

虫歯から歯周病等、痛みや炎症などのお口の中のさまざまな症状をご相談ください。
当院では、一般的な虫歯、歯周病の治療は、基本的に保険治療で行ってます。
詰め物や被せもので審美的な材料や最新の材料を用いる場合は、ご希望に応じて保険治療と保険外治療を選択していただいています。

当院では、カウンセリングを重視していますので、何でもお気軽にご相談ください。
また、治療を開始する前に詳しいご説明をさせていただき、ご納得の上で丁寧な治療を行います。

虫歯

虫歯とは

虫歯(むし歯)とは、ミュータンス菌などのむし歯病原菌が口の中の糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯の表面が溶かされる病気です。

虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。そのため、むし歯病原菌に侵された部分を取り除いたり、溶けた部分を詰めたり、かぶせ 物をしたりして治療します。

麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布して、麻酔液をゆっくりと注入したり、細い麻酔針を使用するなど、なるべく痛みの少ない治療を心がけています。

むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

虫歯治療について

C1:エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質にできた虫歯は、症状がほとんどあらわれません。

極めて初期の虫歯であれば、削らずに処置をすることもあります。穴があいた虫歯は、削ったあとににレジンと呼ばれる樹脂状のつめものをいたします。
虫歯は、早期発見が大切になりますので定期的な検診が重要です。


C2:象牙質に達した虫歯

象牙質と呼ばれる歯の奥の部分まで虫歯がすすむと、歯がしみたり、物が入り込んだりする症状が現れます。

通常、麻酔をしたのちに虫歯になった歯の部分を削り取ります。当院では表面麻酔を歯ぐきに塗ってからできるだけお痛みがないように麻酔をいたします。
削ったあとは、小さい範囲であればレジンをおつめし、比較的大きい範囲であれば型どりをしてつめものをいたします。
型どりしたつめものの場合、保険治療では金属のつめものになりますが、保険外であれば耐久性のあるセラミックで見た目も自然で体にも優しい治療が可能です。


C3:歯髄(神経)に達した虫歯

歯髄(神経)まで到達した虫歯です。

ここまで進むと、ズキズキしたり、ものが挟まったり、噛むと痛かったりと症状が強くなります。
虫歯が完全に歯髄まで進み、歯髄が化膿した場合などは、虫歯を削り取ったあとに歯髄もお取りする根の治療(根管治療)が必要になります。

また、すでに根の先まで炎症が起こり化膿した場合も、歯の根の治療を行ったあとに被せものをします。
治療後は、歯髄が無く、残っている歯質が少ないため、全体を覆う被せものをすることが一般的です。


C4:歯質が失われた虫歯

歯の頭の部分がほとんど虫歯でなくなった段階です。

歯の根を残すことができる場合は、歯の根の治療を行ったあとに、被せものをします。
残すことができない場合は、抜歯をしてブリッジ、入れ歯、インプラントなどの治療を行い、歯を補う治療いたします。


歯の根と神経の治療

虫歯を放っておくと深く進行し、歯の中の神経や根に虫歯菌が感染し炎症が起こります。

痛んだり、周りの歯肉が腫れたり膿が出たり骨が溶けたりすることがあります。

当院では、歯の根と神経を治療するときに使用するファイルやリーマーと呼ばれる手用切削治療器具を完全に使い捨てにしています。

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。

歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯みがきでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。

歯周病治療の流れ

1.歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影

歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。
歯周病の原因は1人1人異なりますので、治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていきます。

2.プラークを除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。
歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。
簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

3.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。
このような場合は外科的な治療が必要となります。
麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去します。

4.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメインテナンスが必要となります。
再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメインテナンスすることが重要です。

歯の周りや歯周ポケット内の一般的なクリーニングでは、
歯に優しく痛みの少ない超音波清掃・洗浄機器を使用しています。

義歯

入れ歯の種類

入れ歯は大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けることができます。

総入れ歯

全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。
顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。
すべての歯を人工歯によって補います。

部分入れ歯

歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。
歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作ることになります。
残っている健康な歯を利用して入れ歯を固定します。

入れ歯の材質

金属床義歯

歯ぐきに触れる部分が金属で作られている入れ歯です。
金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、保険適用の入れ歯よりもしゃべりやすかったり、食べ物の温度も伝わりやすく、おいしく食事ができます。
金属なので耐久性に優れており、残っている歯への影響も少ないです。
自費診療(保険外診療)による入れ歯になります。

レジン床義歯

歯ぐきに触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険適用の入れ歯です。
食べ物の熱さや冷たさに対する熱伝導が悪く、強度を保つために厚く、大きめに作らなければならないので違和感があったり、しゃべりにくいという難点があります。
しかし、保険適用なので安価で、ほとんどの症例で使用できるといったメリットがあります。

金属床(チタン床)義歯
金属床(チタン床)義歯

上あごの天井部分が、丈夫で薄いチタンでできています。

下あごの部分義歯
下あごの部分義歯

義歯の骨格部分を金属で自由に設計できるため、
丈夫で歯の清掃性の良い義歯が作れます。

コーヌス義歯
コーヌス義歯

残っている歯が少ない場合、快適性や審美性を考慮してドイツで開発されたコーヌス義歯を選択することもあります。

残っている歯に薄い被せものをして、茶筒のような原理を利用して義歯を装着することができます。
義歯はプラスチィックの部分を少なくすることができるので違和感が少なく、見た目もよくなります。また、噛み合わせを改善することができます。