ドイチェ歯科・矯正歯科

大宮駅東口徒歩5分の歯医者
さいたま市、大宮のドイチェ歯科・矯正歯科

噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

噛み合わせとは

噛み合わせ治療

まだはっきりとメカニズムが解明されたわけではありませんが、噛み合わせはお口、顎の関節、頸部(くび)、姿勢に影響を与えることが示唆されています。

例えば、噛み合わせが悪いことでしっかりと噛むことができなかったり、寝るときに歯ぎしりをしたり、ときには顎の開閉に支障をきたす顎関節症を引き起こすこともあります。噛み合わせの悪さが、全身のバランスに影響を与えるのです。

噛み合わせの悪さが引き起こす症状

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 顎関節症
  • 歯がすり減る
  • 歯周病
  • 頭痛
  • めまい

噛み合わせに不具合が出る原因

噛み合わせ治療

噛み合わせの問題は、日ごろのちょっとした癖や生活習慣などが原因になっていること少なくありません。

頭痛・肩こりなどの不調がある方で、下記のような習慣に心当たりのある方は、ぜひ一度歯科にご相談ください。

  • 寝るときの姿勢
  • 頬杖をつく癖
  • 口呼吸(常に口が開いている)
  • 舌やお口の周りの筋肉の緊張
  • 加齢による変化
  • 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ習慣
  • 病気や事故で歯を失った

噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

当院では、K-7ダイアグノステックシステムという最新のコンピューター機器を使用して、顎と噛み合わせの検診を行っています。通常の診査では診断できない、顎の動きや顎を動かす筋肉の緊張状態、噛み合わせのズレなどを詳細にお調べできます。最近、噛み合わせの異常が原因で起こる様々な不快症状を噛み合わせ症候群とよぶことがあります。

噛み合わせの異常の中で最も大きな影響を及ぼしているひとつに、下の顎の位置のズレが挙げられます。噛み合わせの異常による下顎のズレが体の適応範囲を超えてしまったときに、顎関節症や顔面痛、肩こりや首の痛み、異常な歯ぎしりや、くいしばりや原因不明の歯の痛み、時には自律神経失調症などとして身体のいたるところに代償性の症状を引き起こしてしまうと考えられています。顎と噛み合わせの診査を行うことにより、科学的・客観的な診断が可能になります。

当院では、噛み合わせの異常による神経や筋肉、骨格の不調和を左写真のK-7ダイアグノステックシステム(アメリカ・マイオトロニクス社製)というコンピューター機器を使用して、客観的に診断し、最適な治療方針をご提案させていただいています。

噛み合わせ治療

CMS(Computerized Mandibular Scan)とよばれる装置は、10分の1ミリの精度で下顎の位置を三次元的に計測して表示することができます。顎の位置のズレを画面上で正確に計測して記録することができるようになり、肉眼的ではみることができないわずかのズレも診断することが可能になりました。また、口の開け閉め時における、顎の動きのスムースさや、顎の関節のひっかかりなどの詳しい診断もできます。

噛み合わせ治療

EMG(Electro Myograph)とよばれる装置は、噛むための筋肉の緊張状態や安定度、機能をおしらべするための歯科用筋電計です。主な筋肉の上に電極を貼って筋電位を測定し、筋肉の状態を把握します。筋肉の異常な緊張は、歯や歯周組織、顎関節にダメージをあたえ、顔面や首などに痛みをひきおこす原因になっていますので、筋肉の安静状態を調べることは、とても重要であるといえます。

このようにK-7ダイアグノステックシステムにより現在の噛み合わせや顎の動きの異常、筋肉の緊張状態を詳細にお調べすることができます。

詳しい診査・診断の後、噛み合わせの異常による顎のズレが原因の場合はご希望により、通常以下の治療を行うことができます。

噛み合わせや顎の動きの異常、筋肉の緊張から生じると考えられる顎関節症やその他の症状を改善する治療方法としては、筋肉が一番リラックスした下顎の位置(生理的下顎安静位)を探し出し、現在の噛み合わせとのズレの大きさを調べてズレが大きい場合は、生理的安静位に下顎の位置を修正させる治療法があります。下顎の位置(噛み合わせ)を修正させる方法としては、

  • 睡眠時に使用するマウスピース(一時的な下顎の位置の修正)
  • かぶせ物による治療
  • 矯正による治療

がありますが、通常は睡眠時にマウスピースをお使いになって頂き経過をみていきます。ご希望や必要に応じて、2や3の全体的な噛み合わせの治療を行う場合もあります。

噛み合わせ治療

筋肉がリラックスした下顎の位置(生理的下顎安静位)をお調べするために、マイオモニターという歯科用低周波電気刺激装置を使用します。通常マイオモニターを持続的に約45分間以上使用することにより、筋肉の緊張を取り除き、下顎が生理的に安定した位置に移動します。

図は、通常の筋肉の緊張状態(左の波形)とマイオモニターにより筋肉がリラックスした状態(右の波形)の差を前述のEMG(歯科用筋電計)で示しています。波が大きい程、筋肉に緊張がみられることなります。また、筋肉のリラックスした状態の下顎の位置(生理的安静位)を前述のCMS(下顎の位置を調べる機器)で、3次元的に確認することができます。

噛み合わせ治療

症状の原因が噛み合わせの異常による下顎のズレから生じている場合は、この上記により決定した生理的安静位(筋肉のリラックスした状態の下顎の位置)をもとにした下顎の位置(噛み合わせ)でマウスピースの作製を行います。マウスピースを夜間睡眠時に使用して、調整や再診査を行っていくことにより、不快症状を改善していくことが可能になります。

当院では、最新の機器を用いて、科学的・客観的に診断し、最適な治療方法をご提案させて頂いています。

ページトップへ